ご依頼後の流れ

当事務所にご依頼いただいた場合、下記の流れに沿って手続が進行いたします。
1.面談・打合せ
2.正式なご依頼
3.「相続人・相続財産」 の調査
4.「相続関係説明図・遺産目録」 の作成
5.遺産分割協議の作成
6.相続手続の代行、遺産の分配
7.料金・諸費用のお支払
8.業務完了報告

1.面談・打合せ

 相続人のうちの全員(一部)の方から、大まかに「遺産の内訳」「誰が相続人となるか」「遺言書があるかどうか」などの事情をお聞きし、遺産整理のプランをご提示いたします。
 
 この時点で、必要経費を含めた料金の概算もあわせてお知らせします。

※ 資料(遺産を推定できるハガキや権利証などの資料)がある近くでお話しする方がスムーズにお話しが進むことが多いです。その場合は、こちらから、ご自宅や勤務先、入院先等へお伺いいたしますので、ご安心ください。

   alt

2.正式なご依頼

 ご相談の際に当事務所が立てた遺産整理プランおよび料金の概算にご了解をいただけた場合には、相続人全員の話し合いによって、相続人の中から「代表相続人」を1名定めていただき、当司法書士事務所と代表相続人の間で遺産整理業務に関する委任契約を締結し、正式な業務を開始いたします。

 この時点で、着手金として原則5万円をお預かりいたします。

   alt

3.「相続人・相続財産」 の調査 

 誰が相続人となるのかを調査・確定します(戸籍謄本、除籍謄本、住民票などを取りよせ)。 また、亡くなった方(被相続人)名義の遺産について、色々な方法で調査します。

   alt

4.「相続関係説明図・遺産目録」 の作成

 相続人や遺産を調査した結果として、「相続関係説明図」と「遺産目録」を作成いたします。
 これは、今後の「遺産の分配(=遺産分割協議)」をどのようにすべきか、各相続人様の判断材料となる情報となりますので、原則、各相続人様へお渡しすることになります。

   alt

5.遺産分割協議の作成

 相続人全員で遺産分割協議(遺産の分配に関する協議)を行っていただき、当事務所がその内容に基づいて遺産分割協議書を作成いたします。
 遺産分割協議書には、 相続人全員でこれに署名し、実印で押印していただき、相続人全員の印鑑証明書をお預かりします。

   alt

6.相続手続の代行、遺産の分配

 遺産分割協議書にもとづいて、次の行為を行います。その後、各相続人へ、協議内容に従った遺産の分配をいたします。
【例】
 ・不動産については相続登記(名義変更)
 ・銀行などの金融機関での預金・貯金の名義変更・解約手続
 ・株式やその他の相続財産についての名義変更や換金処分
 ・その他必要な行為

注意!
遺産総額によりますが、「相続税の申告手続」が必要になる場合もあります。司法書士は税務申告代行を法律で禁じられているため、当事務所としては、相続税申告手続は税理士事務所へのご依頼をおすすめしております。 ご依頼すべき税理士事務所がない場合には、税理士事務所を紹介いたしますので、ご安心ください。

   alt

7.料金・諸費用のお支払

 上記6の遺産分配の終盤に、当事務所への報酬・実費に関する清算書(案)をお送りいたします。特に問題がなければ、遺産分配の終了と同時に、これら報酬・費用を頂戴いたします。

   alt

8.業務完了報告

 すべての遺産について相続手続き代行(遺産整理)が完了した時点で、業務完了報告書を作成し、原則、代表相続人に交付いたします。

※ご希望があれば、各相続人様へ交付することもできます。お気軽にご連絡ください。


電話はこちら!
メールはこちら!