ご相談事例 @

 当事務所へご相談があった事例をご紹介いたします。

【 ご自宅(除草&枝の剪定)の管理 】

除草 遺産となった不動産に庭つきのご自宅がありました。庭の管理は意外に厄介です。雑草は物凄い勢いで生えるためです。

雑草を放置すると、蚊やアブが発生し、隣家から苦情が出ますので、通常は、年に3回〜4回の除草や枝の剪定が必要です。

【相続人様の事情】 
この不動産を承継しても誰も住む予定の相続人はいないので、売却をして、その売却代金を相続人で分配したい。
不動産の買主を探して、実際に買主へ引き渡すまで、最低3〜6か月程度かかるが、私たち相続人も高齢で、その間、雑草や剪定などの不動産の管理をするのが大変。もっとも、隣家には迷惑をかけたくない
相続手続は是非ともやらなければならないのは分かっているが、相続人が高齢で、色々な場所に行って手続をするのは、億劫(おっくう)になる。
 

ご提案の内容

管理 このようなご希望があったため、当事務所としては、相続手続のお手伝いとして、次の作業をご提案いたしました。

@売却まで庭・枝の選定等の管理(手配)

A不動産売却の助言

B預貯金等の相続手続


後日談話:  庭や枝を適正に管理していたため、隣家からのクレームもなく、また、不動産売却もスムーズに進みました。
 後日、相続人の方とお話しをしたときに、隣地の方からも ” 適正に管理して頂けて助かります” との感想を頂いたとのご報告を頂戴しました。
 



電話はこちら!
メールはこちら!